タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【お腹痩せ・ウエスト痩せダイエット】同時に美尻を作る方法はコレ!

ダイエット専門トレーニングYUKIKO

フィットネストレーナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「どうしてもできる限り
すぐに痩せて見えたい!

だけど短期間で効果を上げて
戻りにくい方法なんてあるの?」

そんな方のために今回は、
短期間で「おなか痩せ・ウエスト痩せ」して
「美尻効果も上げる」方法
その効果についてご紹介します。

動画で一緒に運動してみる方はこちら

短期間でおなか痩せ・ウエスト痩せして
美尻になる方法は?

薄着の季節になると
海やプール、温泉や旅行など
急におなかを出す機会が訪れたりします。

それまではまた明日から
ダイエットをがんばろうと思ってたけど、
すぐに痩せなきゃ!という方もいるでしょう。

ここからは
短期間でおなかやウエストを細くして
美尻になる具体的な方法をご紹介します。

一週間でできる!おなか回りが痩せて美尻になる方法

一週間でおなかやウエストを痩せて
美尻になるためには、

脂肪を燃焼させるよりも
体のむくみを改善したり
姿勢を改善することがオススメです。

姿勢を改善することで
同じ体重や体脂肪でも印象は大きく変わり
痩せて見えます。

姿勢が改善されることで
使われなくなっていた
お尻の筋肉を使えるようになり、
お尻が上がります。

体のむくみを徹底的に
改善・解消したい方は
こちらの記事をご参考ください。

姿勢が崩れて治りづらくなる原因

現代人の多くの人が
悪い姿勢に悩んでいます。

しかし、
「見た目が悪い」というデメリット以外に
すぐに生活に大きな支障がないため
放置してしまうことも多いです。

人は脳にある
身体図式(ボディスキーマ)によって
姿勢を把握していると言われています。

この機能によって
「自分が今はどんな姿勢をしているのか」
「それぞれの関節がどの位置にあるか」など
把握をすることができます。

他にはボディイメージという言葉もあり、
「腕の長さ」「腕が太い・細い」など、
体形の認知を指しています。

ボディイメージやボディスキーマなどを
総称して「身体認知」と呼びます。

これらの認知する能力は
筋肉や骨、靱帯、腱など
関節を構成する組織、

足裏からの情報や眼で見た情報、
三半規管や記憶などの情報を基に、
脳が作り出しています。

この機能が働くことによって
体の傾きや位置のズレを感知して
修正することができています。

しかし、
「崩れた姿勢」を放置してしまうと
「崩れた姿勢」に「慣れ」が生じ、
脳が認知している姿勢の情報を上書きし始めます。

こうなると「崩れた姿勢」が
普段の姿勢となってしまい、
意識しないと修正できなくなります。

もちろん加齢に伴う柔軟性の低下や
筋力が低下していることが問題となって
姿勢が崩れていることもあります。

しかし、こうした体の認知のズレが原因で
姿勢が崩れてたままになっている人は
多く存在します。

体の認知の変化やズレは
普段の姿勢に限らずさまざまな悪影響を与えます。

多くの場合、
体をイメージ通りに動かせなくなり、
パフォーマンスの低下につながります。

こうなってしまうと、
自然に修正されることは望めません。

運動によって、刺激や負荷を与えて
体の認知のズレを変える必要があります。

そこで今回は特に
「崩れた姿勢が定着している場合」に
「衰えている筋肉」を使った運動をご紹介します。

動画で一緒に捻る運動や
蹴る運動以外も行う方はコチラ

姿勢が崩れて衰えやすい筋肉一覧

今回の運動は特に衰えやすい
下記の筋肉を刺激して
崩れた姿勢を改善しやすくしています。

  • 僧帽筋
  • 広背筋
  • 脊柱起立筋群
  • 大腰筋
  • 中殿筋
  • 大腿四頭筋
  • 下腿三頭筋

余裕がある方は可動域が狭くなりがち
肩甲骨周りの動的ストレッチエクササイズ
おこなってみてください。

立ちエクササイズで効率よく痩せよう!

姿勢が崩れると衰えやすいのが
美尻を作るために大切な股関節周りの
大腰筋、大殿筋、中殿筋、ハムストリングスです。

日本人は普段に足を十分に伸ばさずに
膝を曲げたままで歩く習慣の人も多いため、
お尻が下がりやすいです。

膝を持ち上げたり、
足を後ろに蹴る動きの運動で
膝の下を伸ばす習慣をつけましょう!

スクワットバックキック

普段に大きく動かしにくい
股関節回りの筋肉をしっかりと使うため
スクワットのをしながら後ろに蹴る動きが入っています。

片足になることで
強制的にバランスを取らざるをえないため
腹部の筋肉を使いやすくなります。

肩幅より少し広く足を開きます。
つま先の角度を30度ほど外側に向け
膝の角度とそろえます。

  1. 息を吸いながら両膝を曲げます。
  2. 息をはきながら両膝を伸ばし、
    片足を後ろに持ち上げてキックします。
  3. 40秒間繰り返します。

ポイント

腹部を引き締めたままで行います。

腰を反りすぎないように腹筋で腰を守ります。

お尻の筋肉を意識をして
お尻の力でできる範囲で足を持ち上げてください。

サイドキック
ニートゥーエルボー

普段に大きく動かしにくい
股関節回りの筋肉を使うため

サイドキックをしながら腹部を捻って
斜めに筋肉を鍛えます。

片足になることで
強制的にバランスを取らざるをえないため
腹部の筋肉を使いやすくなります。

腰幅で立ちます。
頭の後ろで手を組みます。

  1. 息をはきながら片足を横に蹴ります。
  2. 息を吸いながら足を元の位置に戻します。
  3. 息をはきながら肘を膝を近づけます。
  4. 息を吸いながら元の位置に戻します。
  5. 40秒間繰り返し、逆側も行います。

ポイント

腹部を引き締めたままで行います。

足の付け根にある大腰筋を意識をして
膝も高く持ち上げてください。

【おなか痩せ・ウエスト痩せダイエット】
同時に美尻を作る方法はコレ!まとめ

運動をおこなってみて
最初は片足の運動が難しい場合は
椅子や壁に片手を置いて始めてみてくださいね。

体は放置するとどうしても
認知にズレが生じます。

正しい姿勢に戻らなくなる前に
ほんの数分からでもぜひ運動を始めてみてください。

これらの情報が
あなたの健康的な体を作ることに
お役に立てれば幸いです。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。