タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

1980年代の香港屋台にタイムスリップ!横浜中華街で地元民が通う路地裏グルメ【横浜市中区】

いちみ

ブロガー(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

横浜中華街の関帝廟そば、中山路と香港路を結ぶ細い路地に香港を思わせるような一角があります。今回紹介するのは地元民に愛される「美心酒家」。本場のおいしい食べ方なども教えてもらいました。

美心酒家

「美心酒家」は香港出身のオーナーが作る1980年代の香港料理のお店です。返還前のにぎやかな香港屋台を思わせる、細い路地に面したテラス席に座りました。

道を挟んだ向かいの東珍味、蘭州牛肉拉麺と同オーナーの経営店で、店員さんがお店を行き来しているのも海外っぽい。

美心酒家メニュー

美心酒家ツウの方(香港人)に、「本場香港風ワンタンメン」(1080円)と「香港風アヒルの香味焼き」は外せない!と教えてもらい、ひとりなのでこの2品と酸梅湯(サンザシジュース)450円を注文。

香港料理といえば、アヒルや土鍋のごはん、ライスロール、香港の麺類にお粥など。

お店のおすすめは土鍋料理で、蒸し鶏の鍋がおいしいそうです。次回は土鍋を食べてみたいな。

本場香港の味が楽しめる

美心酒家の人気メニューが大きなワンタンが5個も入ったワンタンメン。ワンタンにはエビのすり身が入っていて、あっさりとしたスープで細麺なのが香港風。まるで輪ゴムのような食感がくせになると評判なんだとか。本場香港でワンタンメンといえばこの「香港麺」が使われているそうです。

また「紅酢を入れるとおいしい」と教えてもらったので、私もツウぶって店員さんに紅酢をお願いしました。香港老舗「八珍」のお酢は、酸味が柔らかく点心などのタレとしても使われ、香港ワンタンメンには欠かせない調味料なんだとか。味変して楽しんでみてください。

もう一品絶対に食べてねと教えてもらったのが「香港風アヒルの香味焼き」(1980円)。ぶつ切りされたアヒルにかぶりつく食べ方も香港スタイル。こちらは本場すぎて好き嫌いがわかれるかもしれません。ひとりでは食べきれないので持ち帰りにしてもらいました。

横浜中華街で「ビャンビャン麺」が食べられるのは、お向かいの姉妹店「蘭州牛肉拉麺」だけとのこと。緑の看板「ビャン」という漢字は一文字で57画もあるそうです。次回はこちらを食べてきます。

基本情報
■美心酒家
■横浜市山下町139
■045-228-9888
■定休日 水曜
■平日11:00~15:00/17:00~22:30
土日祝11:00~22:30
■駐車場なし
■テラス席ペット可

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。