タイトル画像

【土浦市】話題の飲む醗酵(発酵)ドリンク「8cco(ハッコ)」が味わえる、土浦の隠れ家的な喫茶店

コイケケイコ

土浦在住ライター(土浦市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

Instagramで見ていて前から気になっていた「8cco(ハッコ)」というドリンク。ボトルの写真がすごくかわいくて調べていたら、土浦の喫茶店で扱っているところを発見! 土浦駅から歩くこと約15分。「Cafe胡桃(くるみ)」は、ご自宅をリフォームして造られた隠れ家風のアットホームな喫茶店です。

情緒あふれる中城通りの1本奥の通り沿いに「Cafe 胡桃」はあります。ご自宅だった場所をリフォームしているというだけあって少しだけ奥まっているので、初めて訪れるときは見逃さないようにお気を付けください。

店内にはカウンター席とテーブル席、長テーブルの席もあって落ち着ける雰囲気です。晴れた日には自然光がたっぷりと注がれ、とても気持ちの良い空間です。

「8cco(ハッコ)」は“醗酵(発酵)のエンタメ集団”が作り出した新ブランド

「Cafe胡桃」もInstagramでお店の存在を知ったのですが、いつも素敵な写真がアップされていてその中でも目を引いたのが「8cco」のボトル。その正体は、醗酵に携わるプロ集団が開発したクラフトコーラの素(写真右)とクラフトジンジャーエールの素(写真左)でした。

クラフトコーラの素を炭酸で割ったドリンクは『薬膳醗酵コーラ「覚醒」』、クラフトジンジャーエールの素の炭酸で割ったドリンクは『ハーブ入り醗酵ジンジャーエール「恋する爽快感」』というメニュー名です。「Cafe胡桃」ではメニュー表とは別に醗酵飲料に含まれている素材や期待される効果が記載された資料が用意されていて、読んでいるだけワクワクしてきます。

コーラとジンジャーエール、どちらにするか迷いましたが、念願のドリンクなので思い切って両方をオーダーしてみました。カウンター席からは作る様子を眺めることもできます。醗酵飲料は思った以上にドロリとしていてちょっとあやしげ…一体どんなジュースができるのでしょう。

炭酸で割って完成! ドロリ感、ちょっと薄らいでいます。

『薬膳醗酵コーラ「覚醒」』(写真右)は、喩えるなら私の大好きなドクターペッパーのような、ルートビアのような。クセのあるコーラという感じです。『ハーブ入り醗酵ジンジャーエール「恋する爽快感」』(写真左)は、しょうがのピリリ感が心地良く、すっきりとした後味。メニュー名どおり、まさに爽快感が味わえました。どちらも価格は400円です。

1杯ごとに丁寧にドリップしてくれる「胡桃ブレンド珈琲」もおいしいです

喫茶店に来たのですから、そのお店の個性を知るためにもコーヒーは飲んでおきたいもの。「Cafe胡桃」では、「胡桃ブレンド珈琲」「深入りブレンド珈琲」、数量限定の「本日のストレート珈琲」(各390円)から好みの味わいが選べます。こちらでコーヒーをいただくのは初めてなので定番の「胡桃ブレンド珈琲」をオーダーしました。店長の石島良修(いしじまよしのぶ)さんが淹れてくれるコーヒーは、オーダーしてから豆を挽いてドリップしてくれます。豆を蒸らすように1杯1杯ゆっくりと丁寧に淹れてくれるのですが、この待つ間の時間もまた心地よく愛おしいのです。

濃厚なチーズと酒粕の甘みが調和する「酒粕チーズケーキ」もおすすめです

お茶請けに石島さんにおすすめのケーキを伺って「酒粕チーズケーキ」(280円)もオーダーしました。こちらは、筑波山の麓に酒蔵を構える稲葉酒造で手搾りをした純米大吟醸の酒粕を練り込んだもの。濃厚でしっとりとしたチーズの味わいと、ふんわりと鼻から抜ける上品な日本酒の香り・甘みが相まった逸品です。ほどよい酸味でマイルドな味わいの胡桃ブレンド珈琲との相性も抜群! ケーキは飲み物とセットにすることもできるので、店内でゆっくりと味わうならケーキセット(600円)をどうぞ。

ケーキは、酒粕チーズケーキのほかにレアチーズケーキやコーヒーゼリーなどもあります。10月半ばまではシフォンケーキもあって、ふんわりしっとり感が人気だそうです。

「Cafe胡桃」は、店長の石島さんとお母さまが営むアットホームな喫茶店です。ケーキは、上記で紹介した以外にも季節限定品に出合える可能性があるので、気軽に尋ねてみてくださいね。お母さまが作るトーストもあって小腹を満たすのにも最適です。

店舗情報
住所:茨城県土浦市中央1-14-4
電話:029-875-6676
営業時間:11:00~17:00
定休日:木・日曜・祝日
URL:http://cafekurumi.com/index.html
Instagram:cafekurumi963

シェア

いいね

コンテンツへの感想