タイトル画像

【土浦市】手ぶらでOK! サバ釣り専用自転車で120kmサイクリングに挑む「サバイバルサバイシクル」

コイケケイコ

土浦在住ライター(土浦市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

さて問題です。タイトルだけで何回サバという文字を使ったでしょうか(笑)。前回「星野リゾート BEB5土浦」に取材で訪れた際にお伺いしたお話の中で絶対に記事にしたいプランがありました。それがこの「サバイバルサバイシクル」。2021年12月1日から2022年2月28日までの期間限定プランです。

往復12時間、120kmのサバイバルなサイクリングに挑戦!

意外に知られていないのですが、茨城県はサバの水揚げ量が日本でもトップクラスを誇っています。脂の乗ったサバが茨城県近海にやってくるのが冬のこの時期。全長180に及ぶナショナルサイクルルート「つくば霞ヶ浦りんりんロード」も活用して往復12時間、120kmの道のりを自転車に乗って釣り場へと向かう、「星野リゾート BEB5土浦」が企画する期間限定のアクティビティです。

クーラーボックスを備えたサバ釣り専用自転車「サバイシクル」で走る!

旅のお供はサバ釣り専用自転車「サバイシクル」。自転車とクーラーボックス、釣竿を入れるロッドホルダーも備えた自転車です。この自転車にはあえて変速機がありません。その理由はサバの泳ぐスピード感を体験してほしいから。時速10km程度で泳ぐというサバになったつもりでサイクリングが楽しめます。ちなみにヘルメットもサバモチーフ。気分はサバです。

サイクリング途中の食事ももちろん「サバ」。栄養満点です

「星野リゾート BEB5土浦」ではサバイシクルの旅へと出発する“勇者”に鯖寿司を用意しています。栄養満点のサバを食すことで120kmの道のりも頑張れそうです。

目的地は鹿島港。約2時間のサバ釣りタイムトライアル開始!

釣り場となる鹿島港に着いたら、さっそく釣りを楽しみましょう。

「星野リゾート BEB5土浦」では、出発時にサバ釣りに使用する仕掛けを1人につき3セット分がもらえます。時間も仕掛けも無限じゃありません、有限です。それだけに1分1秒、1針がとても大事なので丁寧に集中して楽しむことがポイントです。限られたチャンスの中で見事に釣り上げたっサバを、サバイシクルに積んで持ち帰り、土浦駅周辺の飲食店で味わうことができます。

「サバイバルサバイシクル」概要

主催:星野リゾート BEB5土浦

主催:星野リゾート BEB5土浦

開催期間:2021年12月1日~2022年2月28日

(毎週木曜、12/29~1/3の年末年始を除く)

料金:1名5500円(宿泊費別途)

料金に含まれるもの:サバイシクル(自転車、ヘルメット、クーラーボックス、ライフジャケット、釣り具セット)、鯖寿司

予約:宿泊予約後、電話(029-825-0501/星野リゾート BEB5土浦)にて1週間前までに要予約

最少催行人数:1名

定員:3名

対象:星野リゾート BEB5土浦宿泊者(レンタサイクル適応身長は150以上)

ホームページ:https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/beb5tsuchiura/

Instagram:beb5tsuchiura

シェア

いいね

コンテンツへの感想