タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【土浦市】雰囲気も味も本場ベトナム!モール505にフォーやバインミー、スイーツも味わえる店が誕生!

コイケケイコ

土浦在住ライター(土浦市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

SNSで早くも評判になっている「DOCTOR PHO EURASIA RESTAURANT(ドクターフォー ユーラシア レストラン)」。ベトナム人スタッフが作る本格的なベトナム料理やスイーツはもちろん、パスタやステーキなどの洋食メニューも味わえるレストラン。イートインだけでなく、テイクアウトや食材を購入できるマーケットコーナーも魅力です。

「あれ、ここ土浦だよね?」と混乱してしまう、本場ベトナムの雰囲気

土浦駅西口から徒歩約5分、全長505mあることから「モール505」と名付けられたショッピングモールのちょうど中間あたりの1階に「ドクターフォー ユーラシア レストラン」が2022年4月にオープンしました。

店内に一歩足を踏み入れると、そこはまさにベトナム。

天井に吊された色とりどりのランプといい、ビビッドな黄色の壁といい、カジュアルなテーブル&チェアも本場そのもの。店内には大きなテレビがあってベトナムで人気のある歌手のPVなどが上映されていて、土浦に、いや日本にいることを忘れてしまうほどの異国情緒があふれています。

「ドクターフォー ユーラシア レストラン」は、東京・日本橋(茅場町)にある1号店、つくば市・竹園にある2号店に続いてオープンした3店舗目のレストランです。

写真中央のボーダーシャツを着ている男性が料理作りを担当するゴックさん。「恥ずかしいから」と写真撮影は叶わなかったのですが、店長を務める奥様も厨房を担当しています。

(手前の男性おふたりはお店のお客様です)

ベトナム料理メニューの中でもフォーはダントツの人気!

「ドクターフォー ユーラシア レストラン」では、ランチタイム、ディナータイムに関係なく、1日を通して同じメニューを楽しむことができます。

初めての「ドクターフォー ユーラシア レストラン」なら、まずはベトナム料理の代表格のフォーを注文してみてほしいです。

フォーには、ビーフ、チキン、ビーフ+チキンの3種類があって、単品のほかに、バインミーまたは揚げ春巻、生春巻きとのセットメニューもあります。

上の写真は単品の鶏肉フォー(700円)。スライスした鶏肉にはしっかりと味がついていて、塩味のスープとの相性抜群です。

こちらは牛肉フォーとバインミーのセット(900円)。フォーが隠れてしまうくらいに牛肉がたっぷりと載っています。

フォーはやや太めで食べ応えがあります。スープの味がほどよく絡んで、単品でも十分にお腹いっぱいに。

バインミーは、ベトナム風のサンドイッチのこと。

やわらかめのフランスパンにはレバーペーストが塗ってあり、大根やにんじんのなますやハム、野菜をサンド。はみでるくらいのみっちみちに具材が挟まっています。

ちなみに写真のバインミーはセット用の小さいサイズ。単品のバインミー(550円)はこの2倍程度のサイズになります。

バインミーはサンドイッチだけでなく、パンと具材を別々に用意してもらって楽しめる「バインミーパン」(850円)というメニューもあって、ワインのおつまみにぴったりです。

こちらは、バインミーと揚げ春巻、生春巻きをちょこっとずつ味わえる「ランチセット」(1150円)。ふたりでシェアしながら楽しむのにちょうどいいボリュームです。

ちなみにランチセットというメニュー名ですが、1日を通して楽しむことができます。

パスタやステーキ、キムチチャーハンなども楽しめます

日本橋やつくば市の店舗は「ドクターフォー」ですが、土浦店にはドクターフォーに「ユーラシア」という文字が加わっています。メニュー表の青いページがその「ユーラシア」にあたる部分です。

「ユーラシア」は、ヨーロッパとアジアを合わせた造語で、その名称通り土浦店ではベトナム料理以外にもイタリア風、ベルギー風、ドイツ風などの洋食メニューやキムチチャーハンなどのアジアンメニューもたくさん。

ちなみに写真の料理はカルパッチョ(1190円)。牛肉を薄くスライスしてチーズとケッパーをトッピング。バルサミコ酢とオリーブオイルを好みでかけながらいただきます。

ゴックさん曰く「居酒屋メニューも安くておいしいです」

「お酒のおつまみにぴったりのメニューもあるんですよ」とゴックさん夫妻が教えてくれたのがこちらのページ。先ほどの青いページの次のページが“居酒屋メニュー”にあたります。

お酒はベルギービールやドイツビール、韓国のお酒やワイン、日本酒はなんと獺祭(だっさい)なども取り扱っています。

もちろん、ベトナムビールもあります。暑い国生まれのビールはすっきりとしたおいしさです。

メニュー表には載っていない新メニューとしておすすめしてもらったのが骨付き豚肉。あっさりとした味付けのスペアリブといったところです。ボリューム満点ですが、しつこくないのでついむしゃむしゃと食べてしまいます。

こちらはコリコリ食感が楽しいハムです。これもまたビールが進む逸品。冷蔵ケースで販売しているので気に入ったら購入しておうちで味わうこともできます。

一番のおすすめと紹介してもらったのがこちらの鍋。「鍋カエルと竹」(1350円/2名分からオーダー可能)というメニューの通り、ベトナムでは日常的に食されているカエルを味わうことができます。甘辛く煮込んだカエルはタンパク質がたっぷり。鶏のささみ肉のような食感で、ふぐ鍋にも似ている感じがします。これもまたお酒に良く合うメニューです。

おやつタイムはベトナムコーヒーやスイーツメニューをどうぞ

「ドクターフォー ユーラシア レストラン」では、ココナッツを使ったスイーツメニューも人気です。タピオカのぷちぷち食感が楽しいアジアンスイーツ(450円~)のほか、バナナスプリットココナッツ(550円)などはおやつタイムにぴったり。

独自のフィルターを使って抽出するベトナムコーヒーもアイス、ホットの両方で楽しめます。写真映えもするのでぜひ入れているシーンを写真撮影してみてくださいね。

アジアン食材を購入できるマーケットコーナーも必見!

店内では、ベトナムをはじめとしたアジア各国の食材を購入することもできます。取材中もお菓子や食材を買うためだけに訪れるリピーターが次々に訪れていました。

価格を示すタグはすべてベトナム語。

よ、読めない。

けれど商品の裏には日本語でどんな商品なのか記載されているので安心して買い求めることができます。

春巻でおなじみのライスペーパーは、こんなにたくさんの種類があります。

緑色のパッケージもライスペーパー。黒ごま入りだそうです。おいしそう。

マンゴーやココナッツなどのフルーツも販売しています。

冷凍庫にはジャックフルーツをカットしたものやその他にも珍しいフルーツがいっぱい!

ベトナム語でおいしいは「ゴン・ラム」!

ゴックさん夫妻をはじめ、スタッフさんは日本語がカタコト程度しか話せません。

それでも笑顔で一生懸命接してくれて、かえって流ちょうに日本語を話せるよりもベトナムを訪れたような楽しい気分にさせてくれます(メニューのやりとりは問題なくできますのでご安心を)。

お店にいらしたベトナム人のお客様に教えてもらったのですが、ベトナム語で「おいしい」は「ゴン・ラム」と言うそうです。

おいしかったら帰りにスタッフさんにぜひ「ゴン・ラム」と伝えてください。

そして、土浦にいながらベトナムを旅した気分をぜひ味わってみてくださいね。

<店舗情報>

DOCTOR PHO EURASIA RESTAURANT(ドクターフォー ユーラシア レストラン)

住所:茨城県土浦市川口1-3-114 モール505 1階 MAP

電話番号:080-9560-8459(ベトナムの方が対応しますので日本語はゆっくりとお話しください)

営業時間:11:00~22:00(週末は24:00まで)

駐車場:なし(モール505の提携駐車場をご利用ください)

Facebook:Doctor Pho Eurasia Tsuchiura

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想