タイトル画像

折りたたみプラグ式で世界最小・最軽量のiPhone 12シリーズ向けUSB充電器!

マクリン

ガジェットブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

iPhone 12 Proユーザーのマクリンです。

付属品からUSB充電器がなぜかカットされたので、Ankerの最大20W対応充電器「Anker PowerPort III Nano 20W」を使っていました。

小さくて軽くてハイパワーの逸品ですが、唯一のデメリットがプラグむき出しであること……。

持ち運びも考慮するとやはり、プラグは格納できることが望ましいです。

折りたたみプラグ式最小最軽量かつiPhone 12シリーズの高速充電に対応する最大20W対応

そんな理想のUSB充電器がこちら、Spigenの「PowerArc Super Mini 20W」です。

各辺4cm未満で30g台の小型軽量サイズにおさめ、まさにiPhone 12シリーズのベストパートナーとも呼ぶべき1ポート充電器に仕上がっています。

本記事ではその使い勝手を紹介します。

<ご提供品>
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

外観とサイズ・重量

表面は指紋が付きづらく、所有欲を満たす仕上がりとなっています。

プラグが格納できるので、持ち運んでもプラグが折れ曲がる心配がありません。

サイズは約39 x 35 x 28mmと、折りたたみプラグ式で最小を実現しています。

プラグ飛び出しタイプと比較しても、Apple純正の5W充電器や前述のAnker PowerPort III Nano 20Wに次ぐ大きさとなっています。

重量は約39gでプラグ格納型としては最軽量。

iPhone 12シリーズの高速充電に対応

最大20W出力に対応し、iPhone 12シリーズの高速充電もサポートしています。よくある18W対応でなく、20Wというのがミソ。

電力を計測したところ、実際に20W近く出ており、カラの状態からでも30分で50%に達するハイスピード充電が可能です。

iPhone 12 Pro(19.2W)
iPhone 12 Pro(19.2W)

まとめ

PowerArc Super Mini 20Wは、同クラスの折りたたみプラグ式で最小最軽量を実現し、まさにiPhone 12シリーズ向けベストチャージャーです。

持ち運びする充電器にとって、プラグが格納できることは重要なので、1ポートのスマホ用充電器ならこれしかないでしょう!

どうも、マクリンでした。

こういった記事を今後も読みたい方は、Yahoo!アカウントで「フォロー」をぜひよろしくお願いいたします。

シェア

いいね

コンテンツへの感想