タイトル画像

テレワークに最適の13.3型モバイルディスプレイ「IODATA LCD-CF131XDB-M」

マクリン

ガジェットブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

テレワークで自宅のPC作業効率化に余念がないマクリンです。

とはいえ、書斎を取り上げられ、作業スペースはかぎられています。

そういうときに重宝するのがモバイルディスプレイ

長く使う上で、軽量で持ち運びしやすいことは重要なポイントです。

それから剛性(丈夫さ)も気にしたいところ。

これらの点でおすすめなのが、IODATA(アイ・オー・データ機器)の「LCD-CF131XDB-M」です。

国内メーカー製で安心なのはもちろん、USB-Cケーブル1本で給電と映像出力でき、まさにリモートワークに最適の一台となっています。

<ご提供品>
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

持ち運びに最適な13.3インチ

LCD-CF131XDB-Mは薄くて軽く、場所を選ばず持ち出せます。

ディスプレイで主流の15インチよりひと回り小さく、ノートPCと一緒に入れても余裕です。

重量は約700gと抜群に軽く、iPad Proとちょうど同じ重さ。

背面のスタンドは、片持ちで支えるタイプで使いやすく、本体の溝に収めるとフラットな形状になります。

スタンド格納時の厚さは約10mmとスリムで、バッグのポケットに入れてもかさばりません。

USB-Cケーブル1本で簡単に接続できる

HDMIケーブルでも映像出力できますが、その場合は電源アダプターとも同時につないで給電する必要があります。

一方USB-Cケーブルであれば、映像出力と給電を兼ねており、ケーブル1本でPCと簡単に接続できます。

ケーブル1本でパソコンとつなげられるのはかなり快適で、省スペースでデュアルディスプレイにできるのは最強。

ただし、USB-Cケーブルが映像出力に対応していないと使用できないため、DisplayPort Alt Mode対応のUSB-Cケーブルを必ず買うようにしましょう。

フルHDで映像は正直そこそこ

解像度はフルHDではあるものの、精細な映像が堪能できるディスプレイではありません。

とはいえ、ノングレア(非光沢)で映り込みがなく、作業用ディスプレイとしては使いやすいです。

液晶の方式はADSで、IPSと開発元が異なるだけで、中身はIPSと同じもの。

したがって視野角が広く、斜めから観たときも鮮明に見ることができます。

ベゼルはあえて太め

ナローベゼルのモデルも多く出ている中、LCD-CF131XDB-Mのベゼルは正直太めです。

ベゼルが太いと視認性の点で損なわれるものの、IODATAは剛性確保のため、太いベゼルをあえて採用しています。

安心感と品質では、国内メーカーがやはり安心ですね。

まとめ

LCD-CF131XDB-Mは持ち運びしやすく、外出時に必ず忍ばせており、取り入れて日がまだ浅いものの大活躍しています。

どこでも効率よく作業したい人には必須アイテムです!

どうも、マクリンでした。

こういった記事を今後も読みたい方は、Yahoo!アカウントで「フォロー」をぜひよろしくお願いいたします。

シェア

いいね

コンテンツへの感想