タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

史上最高にパワフルで使いやすいホームプロジェクターがついに来た!

マクリン

ガジェットブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

どうも、ホームプロジェクターを使いマクリンです。

映像美を追求するならやはり、4Kの超高解像度一択。

また、昼すぎからしっかり視認できる明るさを求めるなら、2,000ANSIルーメン以上は欲しいところ。

これらの要素を兼ね備え、エンタメ性も最強に高めたプロジェクターが、XGIMI(ジミー)の「XGIMI HORIZON Pro」です。

<ご貸与品>
本記事はメーカー様から商品を貸与いただき作成しています。

XGIMI HaloやXGIMI MoGo Pro+など、傑作のモバイルプロジェクターを出してきたジミーが、満を持してリリースした同社初のホームプロジェクター

外周には継ぎ目のないアルミが貼られ、パンチングメッシュの上質感は、インテリアにも見事に溶け込みます。

重量は約2.9kgとそれなりの重さです。

スピーカーには、オーディオ老舗メーカーであるHarman Kardon製のスピーカーを8W x 2機内蔵しています。

垂直水平(タテヨコ)方向の台形自動補正を搭載し、高速のオートフォーカスと合わせてその検知・修正精度は抜群です。

明るさ最大2,200ANSIルーメン、解像度は4K(3840 x 2160)であり、ホームプロジェクターでもかなりの高性能をほこります。

解像度も4Kと超高精細なので、草木の一本一本や細かい文字でもつぶれず表示でき、TV代わりに使っても全く遜色ありません。

OSにはAndroid TV 10.0を搭載し、直感的なUIで操作性にすぐれています。

アプリストアは純正のGoogle Playであり、数千以上ものAndroidアプリを楽しむことができます。

YouTube、Amazon Prime Video、Hulu、dTV、Abema TV、DAZNなど、ふだん使っているアプリがそのまま使えます。

4K動画を再生したところ、音響の豊かさはもちろん、岩のゴツゴツ感や草木の鮮明さも素晴らしく、モバイルプロジェクターとは一線を画す映像美を堪能できます。

ホームプロジェクターの最適解。

XGIMI HORIZON Proは、デザイン・質感・機能性ともに妥協なく造り込まれたプロジェクターです。

どうも、マクリンでした。

こういった記事を今後も読みたい方は、Yahoo!アカウントで「フォロー」をぜひよろしくお願いいたします。

シェア

いいね

コンテンツへの感想