タイトル画像

古民家カフェで一汁五菜の発酵ランチ。ヴィーガンにも子どもにも優しいお店〈横浜市緑区〉

ミオ

ライター/ロコっちセンター南レポーター(横浜市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「今、横浜の中でも中山がアツいんじゃないか」そんな風に思わせてくれるカフェがありました。

築50年超えの古き良き佇まい 菌カフェ753(ナナゴーサン)

今回ご紹介するのは、緑区中山の古民家カフェ「菌カフェ753」です。

市営地下鉄グリーンラインとJR横浜線が乗り入れている「中山駅」。駅から徒歩10分程、通りから民家エリアに入った所に築50年超えの古民家が佇んでいます。

樹齢100年はあるような桜の木がお庭の主役です。
桜の季節は、さぞ見事なんだろうな。

お庭を愛でる縁側席、奥にはテーブル席が設えられています。

お庭を愛でながら食事が楽しめる縁側席
お庭を愛でながら食事が楽しめる縁側席

奥のテーブル席
奥のテーブル席

優しいおひさまの光が入ってくる窓に向かったカウンター席に通していただきました。

おひとりさまでも居心地の良いカウンター席
おひとりさまでも居心地の良いカウンター席

木枠の窓も時折鳴る振り子時計もノスタルジーで、すごく、良い。

完全無農薬野菜と自家製発酵調味料

「菌カフェ」。名前の通り、発酵食をベースに食材にとことんこだわったお店です。

オーナーシェフの辻一毅さんは東京・都立大学前駅でビストロを営みつつ、中山にあるこちらのカフェオーナーも務めています。

自家製の味噌・醤油をはじめ、その他の発酵調味料も仕込んでいるそうで、多種類のストックがありました。

また、食材や発酵の原種になる野菜は、地元の虹色菜園で採れた完全無農薬野菜を使用しています。何と、シェフ直々に畑に足を運び、農作業しているというじゃないですか。

東京と中山のカフェと畑と。
根っからの料理人なのですね。加えて発酵の仕込みも管理も手間がかかるとお察しします。

私も以前、パン作りのために酵母を起こして育てていましたが、生き物ゆえに思うようにいかず挫折した苦い経験がありますよ…。

ただただ、尊いです。

おすすめランチをいただきました

メニューはこちら

お子さまメニュー。「子どもも連れてきていいよ」って言ってくれてるみたいで、嬉しい。

飲み物やデザートメニュー
飲み物やデザートメニュー

おすすめの「菌カフェ御前」一汁五菜をオーダーしました。

ごはん、お味噌汁、小鉢が5品。

食材や調味料にお肉やお魚を一切使用していないのでヴィーガンにも対応した内容となっています。

こちらの御前に+333円でメインのお肉をつけてみたのがこちら。

一汁五菜御前にお肉料理を追加 1,369円税込
一汁五菜御前にお肉料理を追加 1,369円税込

お肉かお魚か選べる追加の一皿。
お肉かお魚か選べる追加の一皿。

この日のメインは、国産豚肉とひよこ豆のトマト煮
自家製発酵トマトの奥深い味は鮮烈で、余韻が続く。
とても印象的な一皿でした。

小鉢も日替わりで内容が変わるそうです。

青梗菜と長いもの白和え 緑胡麻使用

納豆の刻み油揚げ和え 自家製醤油使用

さつまいも、ゴーダチーズの炒り卵 

キノコのコンフィ 同店人気の定番小鉢

柿と人参の沖縄産もずく和え 自家製梨ビネガー使用

ご飯は黒米と、炊き込む直前に精米した分づき米を混ぜて炊いたもの。

一口すすって、心が震えたお味噌汁。 しみじみ美味い。

それが「動物性の出汁を使わず具の野菜から出た出汁とお味噌の味だけ」と知って、重ねて感動。
お味噌が美味しいとこんなに滋味深いのですね。

食後のコーヒーで心身共にさらにゆるっと緩みます。

本日のコーヒー 450円税込
本日のコーヒー 450円税込

中山が今あつい! 広がる地域のコミュニティ

コーヒーを飲みながらふと目に止まった「735通信」。

中山の109号線より南のこのエリアは「753プロジェクト」として、ギャラリーや趣味のための貸しスペース、コワーキングスペースなどが集合しているようです。

徒歩2分圏内に8施設が集合する753コミュニティ。      

月に一度、広場で開催されるマルシェも面白そうです。

753ヴィレッジHPはこちら

民家でつながる753コミュニティ、ちょっとワクワクします。

その中でも食を担う菌カフェ753の、滋味あふれる料理をいただいて確信しました。

中山が面白いエリアになってきてる!

次回のリピートランチでは散策も加えて、ゆるりとした753時間を過ごしに行きたいと思います。

菌カフェ753
住所:横浜市緑区中山町21-10
営業時間:11:00-16:00
電話番号: 045-935-7531
753プロジェクト公式Facebookはこちら
菌カフェ753公式Instagramはこちら

シェア

いいね

コンテンツへの感想