タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

19万円は高すぎる?Leica監修1インチセンサー搭載スマホ「AQUOS R7」をレビュー

モバイルドットコムTV

ガジェットYouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2022年7月に発売されたシャープ製のLeica監修1インチセンサー搭載ハイエンド5Gスマホ「AQUOS R7」。大画面6.6インチディスプレイ(Pro IGZO OLED)×リフレッシュレート1-240Hz、ハイエンド向け高性能SoC「Snapdragon 8 Gen 1」を採用しています。

加えて、大容量5,000mAhバッテリーやステレオスピーカー、イヤホンジャック、microSDカード、おサイフケータイ&IP68防水防塵にまで対応している一台です。本体価格はドコモ版が198,000円(税込)、ソフトバンク版が189,360円(税込)となっています。

今回は、実際に「AQUOS R7」はどうなのか正直にレビューしていきます。

AQUOS R7をレビュー!デザイン・ゲーム動作・バッテリー持ちをチェック!

「AQUOS R7」は約6.6インチPro IGZO OLED採用、解像度はWUXGA+(2730×1260)。ディスプレイはフラットで、中央上部にパンチホール型インカメラを備えています。

ディスプレイは屋外でも見やすく、発色・色味も問題なしでとても綺麗です。また、リフレッシュレート1-240Hzに対応しているので、なめらかなスクロール表示なども楽しめます。

次に、背面デザイン。中央に「メインカメラ」、その下に「フェリカマーク」、下部に「AQUOS」と刻まれています。(※ソフトバンク版)

カラーは、ブラック、シルバーの2色展開です。今回レビューしているのは、「ブラック」。背面にはガラス素材を採用、磨りガラスでサラサラとした触り心地になっています。

側面右側には、「電源ボタン」、「音量ボタン」
側面右側には、「電源ボタン」、「音量ボタン」

側面左側には、「何もありません」
側面左側には、「何もありません」

側面下部には、「スピーカー」、「Type-Cコネクタ」、「マイク」
側面下部には、「スピーカー」、「Type-Cコネクタ」、「マイク」

「AQUOS R7」は、ステレオスピーカーを採用しています。従来比で、音質が向上しているのも嬉しいポイントでした。

側面上部には、「マイク」、「SIMスロット」、「イヤホンジャック」
側面上部には、「マイク」、「SIMスロット」、「イヤホンジャック」

SoCには高性能な「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載しています。肝心の動作については、アプリの切り替えや起動、スクロールなどを含めとても快適です。原神のような重い3Dゲームも問題なく楽しめます。

負荷がかかるゲーム時にはそこそこ発熱するものの、気になるほどではなく比較的安定している印象です。また、同価格帯ハイエンド機と比べてバッテリー持ちも良く、1日は安心して使うことができます。

ちなみに、メモリ(RAM)は12GB、内蔵ストレージ(ROM)は256GBを採用。microSDカードは、最大1TBまで対応しています

「AQUOS R7」の本体サイズは、約161x77x9.3mm、重さは約208g。フラットな6.6インチの大画面に加え、角張ったデザイン採用のため持ちやすさは正直イマイチです。

本体サイズも大きめかつ重量もあるので、人によって合う合わないがハッキリ分かりそうな一台となっています。このあたりは好みもあると思うので、ぜひ一度実機に触れてみるのが良いでしょう。

AQUOS R7のカメラをチェック!Leica監修1インチセンサー搭載スマホの実力はいかに

「AQUOS R7」は、Leicaと共同開発した「SUMMICRON(ズミクロン)」レンズに加え、新型の1インチセンサーを採用しています。

メインカメラは、4720万画素の超広角。一つのレンズで超広角(0.7倍)から望遠(最大6倍ズーム)までをカバー可能です。また、今回は190万画素の測距用センサーも備えています。

「AQUOS R7」は「像面位相差AF(Octa PD AF)」に対応したことで、全ての画素がフォーカス位置を検出可能。従来モデルのAQUOS R6からオートフォーカス速度が約2倍向上し、精度も良くなっています。

以下、「AQUOS R7」の作例。

「AQUOS R7」は1インチセンサーを活かしたボケ感を楽しめて、手軽に雰囲気ある写真を撮影できるカメラに仕上がっています。

従来モデルで感じていたオートフォーカス速度の遅さの改善やピントが合わないこともなくなり、とても快適に撮影できるようになっていました。

驚いたのは、暗所・夜景です。光量が足りない場面でもAQUOSシリーズとは思えないぐらい鮮明に明るく撮影できます。

AQUOS R7のカメラは、従来モデルの弱点をほぼ改善。グッと完成度の上がったカメラに仕上がっていて、個人的には大満足でした。

より多くの作例は以下のブログにて紹介しています。

【レビュー記事】

AQUOS R7の実機レビュー記事はコチラ

AQUOS R7は実際どうだったのか、結局おすすめなのか?

Leica監修1インチセンサー搭載スマホ「AQUOS R7」は、とても魅力的な一台でした。

カメラはもちろんのこと、安定した動作やバッテリー持ち、従来モデルからステレオスピーカーの音質改善など、細かいところまで進化を感じます。

一方で、本体価格がネックです。間違いなく進化は感じられるが、約19万円は流石に高すぎます。

カメラをこだわりたい人やAQUOSシリーズの最上位モデルを求めている人にはとてもおすすめできますが、価格を考えると万人におすすめできる一台ではないと感じました。

AQUOS R7を検討しているユーザーは、自分が何を求めているのかを考えつつ選んでいってみてください。

【YouTube動画】

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。