タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

用意するのは「鏡」だけ!驚くほど簡単に「滑舌」を良くするワザ

太田章代

研修トレーナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

人前で話す場合、伝わり方に大きく影響するものが「滑舌」です。

アナウンサーや講師業など「話す」専門職ではなくても、取引先と接する営業職や、来客の応対にあたる事務員職など、「伝わりやすい話し方」は大切です。また、管理職など多くの人の前で話すことがある人なら、滑舌良く言いたいことを相手に伝えたいものです。

滑舌の話をすると、「自分は舌が短いから…」という人がいますが、実は滑舌と舌の長い・短いは関係ないのです。練習さえ積めば、誰でも滑舌良く話すことができるようになります。

今回は、簡単に滑舌を良くする方法をお教えします。

まずはチェック!あなたは母音がしっかり発声できている?

それでは、早速簡単に滑舌を良くする方法をお伝えします。その方法は、「母音をしっかり発声する」です。

「えっ、それだけ?」と思われるかもしれません。しかし、日本語には、どの言葉にも「あ・い・う・え・お」の母音が使われています。ですから、気をつけて母音をはっきりと発音するだけで、誰でも聞き取りやすい言葉を話すことができるようになるのです。

私自身も、母音をしっかりと発声するトレーニングを積んだことで、滑舌が良くなり、こもって聞こえていた声がクリアに聞き取りやすくなりました。

では、母音をしっかり発声できているかどうか、確認してみましょう。

まず、鏡を用意して、「あ・い・う・え・お」と口を動かしてみましょう。正しい口の開け方は、次の通りです。

「あ」:縦に指3本が入るくらい広げる

鏡で見た口の形→丸形

「い」:笑っているように口角を上げる

鏡で見た口の形→楕円形

「う」:指1本を入れて口をすぼめる

鏡で見た口の形→丸形

「え」:「い」の形に指1本を入れる

鏡で見た口の形→楕円形

「お」:「う」の形から指2本分顎を下げる

鏡で見た口の形→丸形

正しく口が開けられていたでしょうか?滑舌が悪い人は、この口の開け方ができていません。口を開けずに話すと滑舌が悪くなります。まず、この「あ・い・う・え・お」の口の開け方をマスターしましょう。

1日5分!簡単に滑舌を改善できるトレーニング

では、いよいよ、滑舌を良くするためのトレーニングです。先ほどの「あ・い・う・え・お」の口の開け方を思い出しながら、次のように練習してみてください。

(1)鏡を見て、「あいうえお、かきくけこ、さしすせそ…」とゆっくりと発声します。

(2)(1)に慣れたら、次に「こんにちは」「ありがとうございます」「よろしくお願いいたします」など、日常使う言葉を口の開け方を意識して発声します。

(3)日常の会話では口の周りを動かしすぎると不自然なので、口の開け方を意識しながら、徐々に自然な動きに近づけます。

(4)日頃よく電話応対をする人なら、「お電話ありがとうございます。〇〇会社の△△でございます」など、普段話す言葉を練習しましょう。

スマホの録音機能などで、自分の発声を録音して聞いてみると、改善点を見つけることができますよ。

最後の一音まで気を抜かずに発声する

口を正しく開けて話すと、一音一音を発声することができるので、最後の一音までしっかりと聞き取ることができます。

私は多くの人の話を聞く中で、話の最後に力を抜いてしまう人が多いように感じています。話の重要な箇所はビシッと決まったのに、最後に「よろしくお願いいたします」と言うところで、滑舌が悪くなってしまい、言葉がもつれてしまう事があるのです。

緊張していると、話を早く終わらせたいと思うあまり、焦って早口になり、噛んでしまいがちです。長い話をする時こそ、最後の一言まで丁寧に発声する意識を持ちたいものです。

まとめ

滑舌を良くするための方法は、次の通りです。

①「あ・い・う・え・お」の母音をしっかり口を開けて発声する。

②最後の一言まで気を抜かず、丁寧に発声する。

この2つを意識しながら、良く使う言葉を鏡に向かって「毎日5分ずつ」発声してみましょう。仕事の場で、相手が聞き取りやすい話し方ができれば、コミュニケーションも円滑になります。ぜひ練習してみてくださいね。

アイキャリア株式会社

研修トレーナー太田 章代

------------------------------------------------------------------

太田章代の『ビジネスコミュニケーション術』

公式Youtubeチャンネルはこちら

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想