タイトル画像

How to

  • いいね

収納の仕方で大きく変わる!キッチンを使いやすくするコツ5つ 

ぴょこぴょこぴ

暮らしアドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。
ぴょこぴょこぴです。

必要なものをサッと取り出すことができると、調理がはかどります。

さらに、しまいやすいと片付けもラク。スッキリすると掃除もしやすくなります。

そんな「キッチンを使いやすくするコツ5つ」をご紹介します。

浮かす収納、吊るす収納。片付けがラクになる整理のヒント

コツ1 使う場所のそばに、取り出しやすく収納する

収納場所を決めるときは、「よく使うものほど、使う場所のそばに、取り出しやすく収納する」ことを意識して考えましょう。

優先順位の高いものから、特等席に収納。

例えば、お鍋や鍋敷き、魚焼きグリル用のトレーなどは、IHのそばに収納します。

ザルやボウルなど、水回りで使うものは、シンク下の引き出しへ。

やかんは火にかけるまえに、まず水を入れるので、シンク下に収納しています。

木のまな板も、水で濡らしてから使うので、同じシンク下の引き出しにしまっています。

数が多くて収まりきらない場合は、使用頻度の高いものを優先して収納。

はみ出してしまったものは「本当に必要か?」を考えます。

不要な場合は処分を。
壊れた場合のストックとして保管しておきたい場合は、別に保管するとキッチン収納を圧迫しません。

お正月など、特別な場合にだけ使うものは、脚立が必要な高い位置の吊戸棚や、かがまないと取り出すことができない低い位置の収納など、ちょっと使いにくい位置に収納すると良いと思います。

※重いものは高い位置に置くと、落下時とても危険なので、低い位置に収納しましょう。

コツ2 浮かせる収納で掃除しやすく

ものを直置きすると、掃除のときに移動させる手間が増えます。

そのため、浮かせる収納がオススメです。

浮かせる収納をすることで、スポンジが乾きやすい、ボトルの底が滑らない、など衛生対策にもなります。

【浮かせる収納】石けんと洗剤を浮かせて収納。キッチンのシンク周りを掃除しやすく

コツ3 必要なものを、必要な数だけ置く

使う場所の近くに収納したり、取り出しやすい収納を作っても、収納するものが多すぎると取り出しにくくなります。

必要な数だけ残しましょう。

来客用に多めに取っておきたい場合は、日常使いと来客用を別に収納する方法もオススメです。

ただ、すべてのものを厳選して、最小限の数だけに減らすのはストイックすぎてしんどく感じる方もいらっしゃると思います。

そんな場合は、特に好きなものをコレクションするのも良い方法。

例えば、わが家の場合ですが、グラスはたくさん持っています。
素敵!と思うと買ってしまいますが、それ以外の食器は増やさないことをルールに。

ゆるーくルールを決めて、増えすぎないようにするのがオススメです。

コツ4 不要なものは取り除く

一般的に使用されているものでも、使わないものは撤去しましょう。

例えば、わが家の場合は、キッチン付属のスポンジ置き場、排水口の蓋、洗いかごは使わないので処分。

いきなり処分するのは不安があったので、半年ほど撤去して様子見することに。
使いたいと思うことがなかったので、安心して処分することができました。

不要なものがないと、その分掃除が楽になります。

コツ5 キッチンリセットで、次の調理をしやすく

食事の片付けのあとは、しっかりキッチンリセットを。

しっかり整えておくことで、次の調理にスムーズに取り掛かることができます。

また、出しっぱなしせず片付けることで、汚れを防ぐことも。

人工大理石の白いシンクを美しく保つ、日々のキッチンリセット
我が家にキッチンマットがない理由。キッチン掃除を楽にするコツ、汚れをためない掃除法

読んでくださり、ありがとうございます。

シェア

いいね

コンテンツへの感想