How to

  • いいね

ルーシーダットン(タイ式ヨガ)インストラクターが教えるヨガマットの選び方とオススメヨガマット!

富井宏美

ルーシーダットンインストラクター/社会福祉士/精神保健福祉士

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちわ!ルーシーダットンインストラクターの富井宏美です。

ヨガマットは本当にたくさんの種類があるので皆さん何を選んだらよいか悩むところですね。

今日は、ヨガマットを簡単に選ぶ基準についてお話したいと思います。

■値段で選ぶヨガマット

これからの季節、お外でストレッチも気持ちが良いですよね。

私はお外用に「汚れても気にならないものを」と思いダイソーで購入したものを使っています。

安価なものでしたら数百円で購入することができますよ!

そして、貸し出し用に使っているのが、ニトリで売っているヨガマット。

こちらは1000円ちょいでした。ヨガマットを止めるストラップもついているので持ち運びも便利です。

この位の値段になるとネットでも色々な種類が出ていますね。

■厚みで選ぶヨガマット

厚みで選ぶ場合は、薄いほど、軽くて持ち運びが便利です。しかし薄い分使い心地は硬くなりますね。

厚いほど、使い心地は柔らかく、しかし持ち運びにはかさばり重くなりますね。

迷ったら6~10ミリのマットを選ぶのが無難かなと思います!

■ヨガマットを使った方が良い理由で選ぶ

実は本場のルーシーダットンではヨガマットを使わないことも多くあります。

しかし、ヨガマットを使った方が良い理由もあるので私はヨガマットを使っています。

まずは、モチベーションが上がる!テンションが上がる!

カワイイヨガマットを使ったり、お気に入りのヨガマットを使うことでモチベーションが上がりますよね!

次に、体を保護する目的もあります。

硬い地面で直接行うと体を痛めてしまう可能性があるのでクッション性のあるものを使うと衝撃が和らぎます。

また、グリップ性を高める意味でもヨガマットを使う方が良いとされています。

グリップ性とは、滑りにくさのことです。

グリップ力があるとポーズが安定し体への負担も軽減されますね。

あとは、吸水性。

汗をかいたら滑りやすくなりますね。吸水性のあるものだと良いと思いますよ。

いかがでしたでしょうか?参考になればうれしいです。

このような座りのポーズやマタニティーの方には厚めのヨガマットがおすすめです!

他にもいろいろなルーシーダットンのポーズをレクチャーしているので参考にしてみてくださいね!

シェア

いいね

コンテンツへの感想