タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

買うべき?見送り?2021年春のApple新製品10点を長期使って感じたこと

Appleが大好きなんだよ

チャンネル管理人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

 こんにちは。Appleユーザー歴27年 !YouTubeチャンネル「Appleが大好きなんだよ」管理人のダイスキ(大好きさんと呼ばれているので)と申します。

 この春のApple新製品はそれほど多くはなかったものの、筆者もアクセサリを含めた新製品を実際に購入して使ってみました。

今日は最低でも3週間以上使った10製品の買うべき?見送り?です。実際に使ってみて感じたことをまとめました。

<AirTag> 使用期間6週間

・自分の生活に溶け込んだ。

・自宅内で財布の場所やテレビのリモコンを探しやすい。

・いろんなアイテムにつけたくて買い増しした

・実際の外出先での紛失は経験していないが各種実験で留まったものの位置は正確だと把握済み

Q)買うべき?

A)U1チップ内蔵のiPhone 11以降(SE除く)の機種は近場の詳細探索が可能なのでオススメ

関連記事:失くし物追跡 AirTagを1週間使ってわかった10の事・使うならiPhone 11/12シリーズで

<AirTag レザーキーリング:サドルブラウン> 使用期間6週間

・クオリティの高い本革キーリング

・鍵以外の使用は取り外しがしにくいのであくまでも鍵用

Q)買うべき?

A)幅広くサードパーティも含め、みてからで。しかし丸コピー製品はオリジナルをデザインした方への敬意としてオススメはしない。

<AirTag ループ:ホワイト> 使用期間6週間

・バッグ用には取り外しもそこそこしやすい

・どんなバッグでも大体付く

Q)買うべき?

A)幅広くサードパーティも含め、みてからで。しかし丸コピー製品はオリジナルをデザインした方への敬意としてオススメはしない。

左からレザーキーリング/AirTagループ/右の2つはBelkin製
左からレザーキーリング/AirTagループ/右の2つはBelkin製

<Apple TV4K> 使用期間3週間

・大幅刷新のリモコン「Siri Remote」は前機種にくらべ格段と使いやすい。

・リモコン以外は正直新機種としての実感は少ない。

・発表時の目玉機能のようだったテレビのカラー調整はOSアップデートでも使える。

Q)買うべき?

A)2017年モデルを持っている方はリモコン単品購入でもいいかもしれない。前モデルを売却して買うのはあり。

<iPad Pro 12.9インチ第5世代> 使用期間3週間

・Macと同じ最新のM1チップ内蔵・12.9インチはミニLEDディスプレイ・5G対応が特徴。

・個人的にはApple TV+のDolby Vision (ドルビーのHDR)のコンテンツを見ると黒が綺麗で気に入っている。ここはコントラスト比の高いミニLEDの効果。夜間のシーンなどが美しい。

・Sidecar(Macの外付ディスプレイとしてiPadを使う機能)にも12.9インチのサイズがいい。

・ヘビーな高負荷作業を筆者はiPadであまりやらないが、使いながらM1の余裕は日々感じる。

・Adobe Lightroomなどの書き出しは50%近く短縮

・6月8日にAppleのイベントWWDC21でiPadOS 15を発表したが、M1チップを活かし切れるほどの進化が感じられなかった。(期待していたのは、純正プロアプリのiPad対応、外部出力、マルチタスク、ファイル管理などの進化だったが)

・iPadOS 15では14の新機能「スクリブル」という手書き認識が日本語でもサポートされたが直接M1チップを生かすものではない。マルチタスクは強化はされたが利便性強化であって自由度が上がったものではない。

Q)買うべき?

A)2018年/2020年モデルiPad Proその他の機種を使っていて性能に問題のない方は購入見送り。メディアビューワーとして12.9インチが欲しい方はWi-Fiモデル128GBあたりはオススメ。iPad Airでは少し満足できない方は11インチもあり。

関連記事:サイズ選びは慎重に!使用1週間・新型iPad Pro 12.9インチの良いところ/悪いところ

<iMac 24インチ> 使用期間3週間

・デザインから大幅刷新し薄型軽量デザインとなった。

・中身がMacBookのデスクトップMac。そこにオーディオとカメラやディスプレイが強化された機種。

・良くも悪くもM1チップのMac。使っているとM1チップの素晴らしい部分と物足りない部分がわかってくる。素晴らしいのは省エネを重視した高効率高性能。

・物足りないのはGPUのビデオサポート。外部ディスプレイは1面に限られる。(SidecarでiPadのさらなる追加は可能)

・どちらかというと素直に使うユーザー向け。カラー展開やスキッとしたデザインはインテリアなどにマッチします。オールインワンなので箱から出してすぐ使える。

Q)買うべき?

A)素直にシンプルに使うユーザーにはオススメできる薄型デスクトップ。家族共有Macなどにもピッタリ。反面、外部出力ディスプレイを本体+2面など、高いビデオサポートを求める「うるさがたユーザー」については今後の製品を「待ち」で。しばらくはディスクリートGPU(いわゆるグラフィックボード)内蔵のIntel Macを「使い続け」でいいと思う。秋リリースの新MacOS Montereyの細かい新機能がモノによってはIntel Macは非対応なのでそれを様子見しつつ、各種アプリのApple Silicon対応の進捗を見ながら、次の新製品を待つ。

関連記事:2021新型 iMac 24インチ購入前に知っておいた方が良いこと11

<Apple Watch新色ナイキスポーツバンド:アイアンストーン/ブラック>

使用期間7週間

・色合いが合わせやすくて多用

・穴が蒸れなくていい

Q)買うべき?

A)超オススメ

<Apple Watch新色スポーツループ:シーソルト> 使用期間7週間

・色合いがどこかレトロクラシックで気に入った。黄色みグレーがかったオフホワイト。

・生地系なので洗ったあと乾かす手間

Q)買うべき?

A)スポーツループが好きな方にはオススメ。衛生管理を簡単にしたい方向けではない。

<Apple Watch用バンド新色ブレイデッドソロループ:プライドエディション>

使用期間4週間

・LGBTQ+の機会均等などへ向けた活動団体への支援を目的としたシーズン色

・カラフルな色合いが気にいった。ミサンガのようなイメージ。

・洗った後には乾かす手間

Q)買うべき?

A)色が好きな方、活動を後押ししたい方にオススメ。

<Apple Watch用バンド新色Black Unityスポーツバンド:> 使用期間17週間

・人種間の平等と正義を推進するための活動団体への支援を目的とした特別色

・カラフルな色合いが気にいった。

・基本的に好きなスポーツバンドは洗浄もしやすい。

Q)買うべき?

A)色が好きな方、活動を後押ししたい方にオススメ。

以上がこの春、私が購入したApple新製品を長期使用してつかんだ感触です。

 最近のApple製品は耐久性も性能も良くなっているので、iPadやMacについては必ずしも新製品に飛びつくのではなく、自分の用途に対して不足感がある場合に購入検討というスタンスでも良いと思います。筆者のレビュー動画では踏みとどまる決断のお手伝いもできるように心がけています。

 YouTubeチャンネル「Appleが大好きなんだよ」では春の新製品実機を長期使用してのまとめ動画を上げています。動画ならではの内容もあるのでこの記事と合わせてぜひご覧下さい。

シェア

いいね

コンテンツへの感想