タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【英語レッスン】英文の間違いはどこ?(6)〔英文法演習〕

番場直之

TOEIC満点講師/英語学習系YouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

皆さんこんにちは。ForB(フォービー) Englishの番場です。本日は英文の間違い探しです。英文のどこが間違っているか考えてください。

英文

Everybody thinks that Mr. House speaks French very fluent.

答え

間違っている箇所は「fluent」です。「fluent」を「fluently」にすると正しい英文になります。

まず、この文の意味を考えてみましょう。「Everybody thinks that~」は「誰もが that 以下だと思っている」になります。「Everybody」は文の中では単数扱いなので、「thinks」のように動詞に「s」がついても問題ありません。いわゆる人称在形のです。次に that 以下を見ていきます。「Mr. House speaks French very fluent.」の「fluent」が間違いですが、意味は「ハウスさんはフランス語をとても流暢に話す」と言いたいと思われます。日本語からも分かるように、「流暢に」は動詞の「話す」を修飾しています。動詞を修飾するのは副詞ですが、「fluent」は形容詞なので、これを副詞の「fluently」に変えると正しい英文になります。形容詞に「ly」を付けると副詞になる単語も多いですね。

以下のようにすると、形容詞の「fluent(流暢な)」を使うこともできます。1つ目の文では、Be動詞の後ろで補語として使われ、2つ目の文では名詞の「speaker」を修飾しています。

Everybody thinks that Mr. House is very fluent in French.
Everybody thinks that Mr. House is a very fluent speaker of French.

正しい英文

Everybody thinks that Mr. House speaks French very fluently.
(ハウスさんはフランス語をとても流暢に話すと誰もが思っている。)

まとめ

いかがでしたでしょうか?形容詞も副詞も他の語を修飾することができますが、副詞は動詞だけでなく、形容詞や副詞も修飾でき、一方、形容詞は名詞を修飾することができます。「形容詞は名詞を修飾、副詞はそれ以外を修飾」とすると覚えやすいかもしれません。

同じ内容をネイティブ講師がYouTube動画で説明しています。リスニング、音読の練習として是非ご活用ください!

関連記事

シェア

いいね

コンテンツへの感想