タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【英語レッスン】「アイロンをかける」を英語で言うと?

番場直之

TOEIC満点講師/英語学習系YouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

皆さんこんにちは。ForB(フォービー) Englishの番場です。本日は「アイロンをかける」を英語でどう言うかご説明します。

「アイロンをかける」を英語で言うと?

「アイロン」は英語の「iron」からきています。「iron」には他に元素記号「Fe」の「鉄」という意味もあるので、それと区別するために「clothes iron」と言うこともできます。また、「スチームアイロン」であれば「steam iron」と言うこともできます。

「アイロンをかける」を英語で言うと、下記のようになります。

iron

「iron」には名詞で「アイロン」という意味もありますし、動詞で「アイロンをかける」という意味もあります。例えば、「私の母は今アイロンをかけている」という場合は下記のようになります。

My mother is ironing now.

この文で「iron」は目的語を取らない自動詞として使われています。もし「シャツにアイロンをかける」と言いたい場合は、下記のように「iron」の後ろに目的語の「a shirt」を入れれば大丈夫です。つまり、「iron」は目的語を取る他動詞としても使えるんですね。

My mother is ironing a shirt now.

ちなみに今例文に出てきた「shirt」ですが、日本人が発音するのに苦手としている単語の1つです。日本語のように「シャツ」と言っても、英語のネイティブスピーカーには確実に伝わりません。「シャツ」をネイティブっぽく発音する方法はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?「iron」には名詞で「アイロン」という意味もありますし、動詞で「アイロンをかける」という意味もあることを覚えてください!

ネイティブ講師によるYouTube動画もあります。「iron」の発音の確認、リスニングの練習、音読の練習としても是非ご活用ください!

もっと動画を見たいという方は、私のYouTubeチャンネル(チャンネル登録者数11万人)に700本以上の英語学習者向け動画がありますので、こちらから是非ご覧ください!

関連記事

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想